スイーツが出産内祝いにおすすめである理由とは

出産内祝いならubu > コラム > スイーツが出産内祝いにおすすめである理由とは

スイーツが出産内祝いにおすすめである理由とは


早めに準備しておきたい内祝いギフト



赤ちゃんが生まれるということは家族にとっての一大事であり、特に初めての赤ちゃんの誕生を迎えるママやパパは、わからないことや慣れないことが多く、無事生まれてきてからもしばらくはバタバタの状態が続きます。たくさんのお祝いの品が届いていても開封する暇もないほど毎日が忙しく過ぎていく人もいることでしょう。しかし、お宮参りをする頃までには、お祝いの品を整理して頂いた方のリストを作成し、出産内祝いを贈る準備をしておかなければなりません。一般的に、内祝いにかける金額はお祝いにいただいた金額の3分の1から半分程度が適当であると言われています。現金で頂いた場合にはわかりやすいですが、品物で贈られることも多いため、できるだけいただいた物の市場価格をネットなどで調べておくとギフトの選定も楽になります。

特にお世話になっている方には、赤ちゃんを連れて直接訪問することもあるでしょうが、ほとんどは郵便や宅配便を利用して送付することになります。相手方の住所がわからない場合は、電話でお祝いのお礼を伝えながら、住所を聞いておくようにしましょう。

最近では、内祝いのギフトも選ぶのに困ってしまうほど種類が豊富なものとなっています。カタログギフトなどもありますが、なるべく早めに準備しておかないとお祝い返しの意味がなくなってしまうので注意が必要です。赤ちゃんの誕生後は育児に手が取られてなかなか時間がとれないため、妊娠中に金額別にある程度ギフトを絞っておくと、土壇場でバタバタと焦ることもありません。また、赤ちゃんの名前を入れたギフトを贈りたい場合には、製作に時間がかかるため、より早い対応が求められることになります。ギフトは、日常生活で使用できる消耗品やタオル、お酒や食品、スイーツなどさまざまな種類のなかから選ぶことができます。



出産内祝いギフトの選び方



長い付き合いがある親しい友人や親戚などは、相手の好みや趣味、嗜好をよく理解しているため、その人に最も合うギフトを選ぶことができます。一方、ギフトの内容に特別な配慮や好みを反映させる必要がない際には、普段の生活のなかで気軽に使用することができる消耗品や生活用品などを選ぶのがおすすめです。洗剤や食用油、タオルやハンカチなど、いくら数があっても困らないものは万人に喜ばれます。赤ちゃんの名前を披露する意味も込められている出産内祝いギフトですが、のしやメッセージカードなどに名前を入れたり、お菓子に名前の焼き印があったりするのは構いませんが、赤ちゃんの名前や写真入りの食器や写真立て、マグカップなどは、身内の方でないと使用するのに抵抗があるだけでなく、処分しにくいものとなってしまうため、避けた方がいいでしょう。

お祝いの品は、プライベートではつきあいが薄い職場の先輩や同僚などからも贈られることがあります。気の置けない友人とは違い、失礼のないように気を遣う必要があるとともに、個人で頂いた場合には、上司や先輩、同僚、後輩などで品物を変える必要もでてきます。お返しの相場は、一般常識として知っていても特に仕事上でお世話になっている上司や、産休や育休などで迷惑をかけてしまう先輩などには、相場に少し色をつけてお返しをするのもひとつの方法です。また、職場一同などと複数でまとめてお祝いを頂くことがありますが、そのお返しについては、付き合いの長さや関係性などによっても変わってきます。最も無難なのは、誰もが喜んでくれるスイーツで、多種類の小分けした袋物の菓子がたくさん入った詰め合わせセットなどは、見た目も豪華で多くの人数でシェアできるためおすすめといえます。



スイーツギフトがおすすめ



出産内祝いのギフトに、受け取った方の負担とならないようにあえて消え物とよばれる食品を贈る方も多いようです。直接訪問して手渡しできるのであれば、生鮮食品も候補のひとつとして考えられますが、一括して郵送することがほとんどとなるため、賞味期限の短いものは適していません。見た目が華やかでかわいらしく、箱を開けた途端に笑顔がほころぶようなギフトとして、スイーツが最適ではないでしょうか。味にこだわりのあるブランドのもの、キャラクターパッケージが印象に残るものなど、さまざまなギフトがあり、職場や子どもがいる家庭など、贈る相手によって選ぶことができます。昔から定番のバウムクーヘンやカステラなどは、ある程度日持ちするとともに、赤ちゃんの名前を入れて贈ることもできます。

クッキーや焼き菓子などは種類が豊富で詰め合わせにするととても豪華にみえます。マカロンやゴーフレットなど、おしゃれな詰め合わせセットもあり、こだわって選んだギフトであることを印象づけることもできます。また、ゼリーやアイスクリームなど、季節に合わせて選ぶことも可能です。焼き菓子などは、小分け袋に包装されているものが多いため、人数が多くても対応できるのも魅力です。最近は、和菓子やせんべいなど日本独特の味も見直されているため、上司には老舗の和菓子などを贈るのもセンスの光るギフトとなることでしょう。職場でも残って保管場所に困るということもなく、休憩やティータイムに気軽に手が伸ばせます。負担に思われることがなく、笑顔にしてくれるスイーツはお祝いのお返しとしておすすめです。

▼よく読まれている記事
1位 内祝いの由来と出産内祝いの上手な選び方
2位 出産祝いにもお返しにも名入れギフトは大人気!
3位 真心のこもった出産内祝いを友人や知人に贈ろう
4位 出産内祝いを考える際に便利な通販を利用しよう
5位 出産内祝いにメッセージカードを添えよう

出産内祝い・出産祝いのお返しならubu