内祝いは相手が選べるカタログギフトを

出産内祝いならubu > コラム > 内祝いは相手が選べるカタログギフトを

内祝いは相手が選べるカタログギフトを


内祝いとは



出産、入学式、就職、結婚、新築といった人生のターニングポイントに、心のこもったお祝いをいただくと、感謝の気持ちを込めて何らかの形でお返しをしたいものです。このようなお返しのことを、一般的に内祝いと呼んでいます。その意味についてきちんと把握した上で、具体的な例を紹介していきます。

内祝いとは、本来「内」という漢字で表されているように、自分のところでのおめでたいお祝いごとです。つまり、その喜びをお祝いの品に変えて 一緒に喜び祝っていただくというのが内祝いという形でした。しかし、時代が流れていくにつれ、今ではお祝いを頂いた方にお返しをするのが通例となっています。

内祝いには様々なものがありますが、ここでは出産内祝いをテーマに取り上げてみましょう。出産内祝いとは元来、知人や友人に赤ちゃんをお披露目する会の意味を表していました。しかし現在では、赤ちゃんのお祝いをいただいた時にお返しすることをいいます。内祝いの品は大きく分けて二つあります。一つ目はタオルやせっけん、お菓子やお茶、食器類といった定番の商品でお返しするといった方法、そしてもう一つが、カタログギフトという相手が選べるお返しの方法です。このカタログギフトですが、品物のお返しにはない数多くのメリットがあります。そのメリットについて、次の章で詳細に説明します。



カタログギフトの変遷とそのニーズ



カタログギフトは、現在、出産内祝いの人気商品になっています。インターネットのアンケートにおいても、赤ちゃんの名前の入ったギフトやフードギフトに続き、上位にランキングされています。その人気の秘密はルーツにあるようです。そこで、この章ではカタログギフトの変遷を辿るとともに、お返しの意味についても検証します。

かつて贈り物やお返しをする場合、日本には禁忌や慣習、地域での言い伝えなどといった多くの制約があり、それに伴う配慮が必要でした。その習慣は現在でも強く根づいていて、金銭のお祝いを好まない人は少なくありません。その一方、お祝いを贈られた側にとっても、人によっては届けられた品物が好みでなかったとき、その処分に困ったり、なおかつ、お祝いにもらった商品が高額なものと想定された場合、どのくらいのお返しをしたらいいか見当もつかないケースが少なからずありました。このようなトラブルを解消するものの一つとして生まれたのが、カタログギフトです。

カタログはゆっくり商品を選ぶことも可能ですし、自ら納得した商品をセレクトすることができます。商品のお返しにこだわる人にとっても、お返しする相手の年齢層に合わせた品物をカタログからセレクトして注文して贈ることができます。また、その他の利点として、贈る金額に合わせてカタログを選ぶことができるので、見積もりに頭を悩ませることもありません。つまり、これまで贈る側に選択権があったのが、贈られた側に選択権を委ねることができるという画期的な方法です。このシステムは、1980年代の大手企業での実用化を契機に、他の企業でも取り入れられ、今現在カタログギフトは内祝いをする時の必須アイテムになっています。お返しで、最も大切なことは相手に喜んでもらうことです。カタログギフトは、贈る側の価値観を押し付けることのない意味で最適なものだと言えます。



カタログギフトが幅広い層まで支持される理由



カタログギフトでの内祝いを振り返った時、過去の内祝いという長いしきたりに対して、通信販売やインターネットが流行のものをいち早く取り入れていたことが分かります。これから内祝いをする時も、インターネットは大変貴重です。インターネットの有効な活用方法の一例を紹介します。

出産内祝いをする場合、多くのマナーがあります。しかし若い世代だと、マナーについて知識不足で不安になることがあるのではないでしょうか。特にお祝いを頂いた方が年配者であった場合、失礼のない対応ができるよう、最低限のマナーは覚えておきたいものです。そのような知識を知りたい時、インターネットを活用し、検索をして、内祝いのマナーをチェックしておきましょう。補足ですが、マナー以外にも今どういったお返しが人気があるのか、どのような物が流行しているのか調べられる点でもインターネットは非常に有効な情報手段です。

初めてカタログギフトを贈る人の中には、カタログギフトに馴染みのない年配者が抵抗を感じるのではないかと心配もあるかもしれません。そのようなとき、カタログギフトに載っている年配者にも配慮した商品を、お返ししてみてはいかがでしょうか。その他にも、カタログとともにお祝いの一品や赤ちゃんの写真、メッセージなどを添える方法も大変喜ばれるでしょう。

このように、カタログギフトは歴史あるものと、時代の最先端のものとをうまく融合していることで幅広い層まで支持されています。もし贈る品に迷った時は、カタログギフトを一考してみてはいかがでしょうか。

▼よく読まれている記事
1位 内祝いの由来と出産内祝いの上手な選び方
2位 出産祝いにもお返しにも名入れギフトは大人気!
3位 真心のこもった出産内祝いを友人や知人に贈ろう
4位 出産内祝いを考える際に便利な通販を利用しよう
5位 出産内祝いにメッセージカードを添えよう

出産内祝い・出産祝いのお返しならubu