出産内祝いにバスグッズを

出産内祝いならubu > コラム > 出産内祝いにバスグッズを

出産内祝いにバスグッズを




出産でいただくお祝い



出産をしてお祝いをしてもらうということは、とてもありがたいことです。普段からのお付き合いということもありますが、気持ちだけでも感謝したいところでしょう。その感謝の気持ちを伝えるためにも、どんな出産内祝いにするのかということが重要になってきます。感謝の気持ちを形にするということになってくるため、いったいいつ頃贈るのかということも考えていなければいけません。贈る時期を間違えてしまうと、感謝の気持ちを相手に伝えられないこともあります。

大事なこととして、お祝いをいただいたときから、忘れられないうちに贈るということがひとつのポイントになってきます。あまりに遅れてしまえば、いったいいつの話だったのかと思われますし、お返しがなかったと思われても致し方ないでしょう。そのため、出産内祝いを贈る時期は、出産後から2ヶ月というところがひとつの目安となってきます。あくまでも目安であり、もっと早い時期であっても特に問題はありません。早すぎるのも用意していたと捉えられてしまうことになるため、お七夜からお宮参りの期間に急いでお返しする必要はないでしょう。

ただし、これも一般的なことであって、地域の習慣などがある場合には、考慮しておくと問題が起きにくくなります。地域の習慣は、その土地によって異なりますので、生まれ育った土地ではない場合は、知人や周囲に聞いておくなど、あらかじめ確認をしておきましょう。



出産内祝いの金額をうまくあわせていくために



金額的なところも重要になってきます。あまりに大きな金額をかけるというのは、必ずしもいいことではありません。なぜかと思うのであれば、まず自分がお祝いを渡す立場になって考えてみることが必要です。もしも、自分が贈ったお祝いよりも金額が大きかったら、その時にどう感じるのかを考えてみなければいけません。相手に気持ちよく受け取ってもらうためにも、もらったお祝いの半額か3分の1程度の金額にするのが一般的となっています。

高額な商品にしていなくても相手には金額が分からず、高価なお返しを贈ってもらったと思われることもあります。商品によっては好みもありますので、誰からも喜んでもらえるようなものを選ぶことが大切です。そこで、バスグッズなどの実用品を贈るということもひとつの方法です。バスグッズなら、幅広い金額の商品がありますので、お返ししたい金額に合ったものを見つけることができるでしょう。おしゃれでかわいらしいデザインのものが多くありますので、好みに合うものを選ぶことができます。

普段から使ってもらえるものというところも、贈り物として優れたポイントになります。バスグッズという日常から身近にあるようなものは、贈り物としても利用しやすいものです。それでいて、バスグッズは消耗品でもあるので、だれでもありがたいものです。バスグッズというものは、毎日の生活の中で楽しむことができます。お風呂に入る習慣を大事にしている日本人としては、これほど便利な物もありません。

出産内祝いとしては、頂いた金額に対して3分の1以下の金額にならないようにするというのが基本です。相手に喜んでもらえて、金額に相当したものを選ぶと良いでしょう。



趣味や嗜好がわからないときでも



お祝いをいただいた方との関係性ということも考えていかなければいけません。感謝の気持ちを持つことは当然ですが、親しみを込めて贈るのか、敬意を持って贈るのかということも考えなければいけません。中には、現金を避けて服やおもちゃなどをお祝いとしていただくケースもあります。友人などの間柄だと、現金ではなく、相手の欲しいものを選んで贈ることも多くあるでしょう。

そうすると、出産内祝いの費用を考えたとき、金額がはっきりと分からないこともあります。いくらの物をお返ししたらいいのかという問題が出てきますが、もらった商品のある程度の相場が分からない場合は、その地域やお互いの関係性を考慮した妥当な予算で商品を選ぶようにしましょう。

次にどんなものをお返しするのかということになりますが、好みや趣向がわからないと悩むことも出てきます。親しい相手であっても、これは変わらないことです。バスグッズであれば、趣味や趣向ということにあまり左右されない商品といっていいでしょう。入浴剤を使うということは、普段とは違う雰囲気にすることができるため、気分転換に使うことができます。あまり香りの強そうなものは、嗜好がわかれてしまいますので敬遠するべきですが、普段は使わない香りのものも、楽しんでもらうことができます。バスグッズにはいろいろなタイプがありますので、贈りたいと思えるような商品を選択することができます。

出産祝いは、もらうものや時期が人によって異なりますので、あらかじめお返しを用意しておくことがなかなかできません。赤ちゃんのお世話をしながら内祝いを選ぶことになりますので、お店に何度も足を運ぶのはとても大変な作業となります。インターネットで注文できるお店もありますので、そういったところを選ぶと、自宅で育児や家事をしながら空いた時間に商品を選んだり注文したりすることができて、とても便利です。

▼よく読まれている記事
1位 内祝いの由来と出産内祝いの上手な選び方
2位 出産祝いにもお返しにも名入れギフトは大人気!
3位 真心のこもった出産内祝いを友人や知人に贈ろう
4位 出産内祝いを考える際に便利な通販を利用しよう
5位 出産内祝いにメッセージカードを添えよう

出産内祝い・出産祝いのお返しならubu