出産内祝いにメッセージカードを添えよう

出産内祝いならubu > コラム > 出産内祝いにメッセージカードを添えよう

出産内祝いにメッセージカードを添えよう


そもそも出産内祝いって?



出産内祝いと出産祝いは何が違うのか、内祝いとお返しは何が違うのか、友人にお祝い事が増えた時、こうした知識は持っておきたいものです。そもそも出産内祝いには「内輪でのお祝い」という意味が込められています。「内」つまり家の中でお祝い事があったため、そのお祝い事を一緒に祝ってもらいたい、その幸せを分けて一緒に喜んでもらいたい、というものです。出産祝いをいただいた方への返礼として贈ることも多いため、出産祝いへのお返しのことと勘違いされやすくなっていますが、本来はお返しではなく単純に出産という祝い事があったご家庭が周囲へ贈るものとしての意味を持ちます。現在では出産祝いへのお返しという意味合いも強くなっていますが、元々の意味をきちんと理解し、お祝いしてくれたことへの感謝の気持ちと喜びの気持ちを込めて贈ることが大切です。

出産内祝いでは赤ちゃんの名前を披露する、ということもかねてのしなどで赤ちゃんの名前を添えて送ることが一般的です。のしの水引の下の部分に赤ちゃんの名前を入れる、もしくはメッセージカードを添える、というのも近年多くなってきています。のしほど形式ばった形ではなく、それでいて感謝の気持ちをそのまま伝えることができる、メッセージカードは2つの意味で喜ばれているのです。

この内祝いを贈る時期として適切なのはお祝いの品をいただいてから1か月程度が目安とされています。とはいっても特に初めての出産などの場合は慌ただしくなりがちのため、ある程度落ち着いてから贈るのもおすすめです。せっかくいただいたお祝いの気持ちに、精一杯の感謝を込めてお返ししたいですよね。



出産内祝いにはどんなものを選べばいい?



兄弟姉妹、友人、会社の同僚など、出産というお祝い事の際に贈り物をしてくれる方はたくさんいらっしゃいます。友人など趣味が分かっている方に贈る場合は選びやすいものの、意外にも兄弟や会社の方などは何を贈ると喜ばれるか悩んでしまう、ということもあるのではないでしょうか。モノの大量生産大量消費が一般的となった現代で、贈り物は特に気をつかうものです。あまり好みを詳しく知らない方へ贈るとしても、せっかくのお祝い事へのお礼だから喜んでほしい、という気持ちは十分にあるはずです。

出産祝いは結婚祝いなどと同様、誕生日とは異なって毎年訪れるものではなく一度キリのため、贈られるタイミングだけではなくある程度の定番があります。よく言われるのは「同じものをもらっても困るため、他の方と被らないものにする」「被ってもいいようにたくさんあっても困らないものにする」ということです。他の方と被らないものにするためといっても、あまり奇をてらったものを贈ろうとしないことが重要とされています。

では出産内祝いではどのような物を選ぶと良いかというと、出産祝いとほぼかわらず、たくさんあっても困らないものとすることが良いでしょう。というのも、先にも述べたようにお祝い事というのは意外にも多くあります。出産祝いを多く贈っている方ほど出産内祝いも多くもらっているのです。出産祝いほど定番化されていないのが実情ですが、中でもタオルや食品などが選ばれることが多くなっています。タオルなどあって困らないもの、その方の趣味が分かるようであれば喜ばれる物を贈ると良いでしょう。もし定番のタオルなどを贈るとしても一言メッセージカードを添えるだけでも印象は十二分に異なります。出産祝いを贈ってくださった方への感謝の気持ちを込めて選ぶようにしましょう。



近年増えている出産内祝いの形



近年ライフスタイルの多様化もあり、これまで定番とされていたものを必要としない方も多くなってきています。特に多趣味な方は出産内祝いだけでなく通常の贈り物にも悩んでしまうこともありますよね。せっかく何かを贈るのだから、という方のなかで、カタログギフトを贈るという方が非常に増えています。これは出産祝いや出産内祝い、結婚祝いなどの際も同様ですが、一定金額のギフトが載ったカタログからその方に好きなものを選んでもらう、という手法のため、人を選ばず贈ることが出来ると人気を集めています。

出産内祝いを贈る際、懸念点としてあげられるのはやはり出産後バタバタと慌ただしく、贈るものを選ぶこと自体が難しい、という点です。例えば実家に帰っている間などはご両親が育児を手伝ってくれている間に選ぶ、なんてことも可能かもしれませんが、そうではない方も多くいます。奥さんは育児に忙しく、旦那さんは新たに家族が増えたことでより仕事を頑張ろうと忙しくしている、ということも十分にあり得るのです。そうした時に手軽に選ぶことができるのがカタログギフトの利点です。金額さえ一定のもので設定しておけば、品物を選ぶ必要がないため、一人ひとりへ悩む時間を激減させることができるのです。

せっかくのお祝い事で手を抜いているように思われるのはちょっと、と考える方もいるでしょうが、カタログギフトは決して手抜きではありません。出産内祝いを贈る方、贈ってもらう方双方に利点があるものといえるのです。少しでも気になる方は電話やメールなどでも感謝の気持ちを伝えると良いでしょう。手書きのメッセージカードを添えて贈ることで、感謝の気持ちもより伝わるかもしれません。

▼よく読まれている記事
1位 内祝いの由来と出産内祝いの上手な選び方
2位 出産祝いにもお返しにも名入れギフトは大人気!
3位 真心のこもった出産内祝いを友人や知人に贈ろう
4位 出産内祝いを考える際に便利な通販を利用しよう
5位 出産内祝いにメッセージカードを添えよう

出産内祝い・出産祝いのお返しならubu