出産内祝いの贈り物と通販サイトの利用について

出産内祝いならubu > コラム > 出産内祝いの贈り物と通販サイトの利用について

出産内祝いの贈り物と通販サイトの利用について



これから出産内祝いを贈りたいと考えている方におすすめの情報



赤ちゃんが生まれたことをお祝いしてくれた方に、感謝の気持ちを込めて贈るのが、出産内祝いです。出産内祝いの商品は、通販サイトで購入することも可能です。ただ、初めて出産した女性が出産内祝いをするにあたっては、さまざまな疑問や不安が湧いて来るものです。そのような問題を解決するために、お祝いのスケジュールや品物の選び方、のし・メッセージカードのマナー、テクニックをあらかじめチェックしておくことも大切です。

出産の後、女性の身体は妊娠前のコンディションに戻ろうとするので、体調が思わしくないケースは少なからずあるようです。また、産後は赤ちゃんのお世話をするために、忙しい毎日がスタートすることとなります。さらに、出産してから100日が経過するまでの間には、関連する行事が数多く待っています。それらの事情を考慮に入れると、内祝いの準備は、赤ちゃんが生まれる前に行なっておくと良いでしょう。そのような場面では、産前産後のスケジュールを前もってチェックしておくことが大切です。

この先、出産内祝いをするにあたっては、まず、カタログを取り寄せるなどして、プレゼントする商品の目星をつけておくと良いでしょう。その際には、気になる商品をリストアップしておくと、後になってから役立ちます。また、過去にいただいた年賀状や引っ越しの通知などを元にして、内祝いを贈る相手の住所を整理しておけば、後の手続きをスムーズに、スピーディーに進めることができます。



赤ちゃんが生まれた後のスケジュールと贈り物の選び方



出産し、退院した後、赤ちゃんの生まれたことを知った人たちから、お祝いが届きます。実家に帰って出産した場合には、パートナーに状況を確認して、連絡してもらうと良いでしょう。それから、お祝いをいただいた方や、出産内祝いの内容をリストアップしましょう。こちらのステップでは、お祝いをし忘れることのないよう、念入りに確認しておくことが大切です。その後、内祝いとしてプレゼントする商品を注文しましょう。実家に帰っている場合にも、内祝いをするタイミングが外れることのないよう、注意する必要があります。内祝いをするタイミングとしては、産後1カ月程度が一般的な目安となります。また、後から届いたお祝いには、その都度お返しをすると良いでしょう。

また、内祝いに限った話ではありませんが、お祝いをいただいた相手には、お返しをするのが後になる場合でも、なるべく3日以内程度を目安に、お礼のご挨拶だけは行なっておきましょう。こちらのご挨拶は、手紙や電話で感謝の気持ちを伝えるものですが、正式には手紙でお礼をするのが一般的なスタイルです。特に、目上の方からお祝いをいただいた場合には、なるべく手紙でご挨拶をすることをおすすめします。

次に、内祝いをするにあたっては、贈る品物の選び方にも気を配ることが大切です。こちらのステップでは、通販サイト上にラインアップされている商品を比較・検討するという方法もあります。お祝いをいただいた場合、お返しの金額は、お祝いの半分程度という慣習があるので、それに習って商品を選ぶと良いでしょう。ただし、お祝いをいただいたのが親戚や目上の方である場合、または高額な品物である場合には、3分の1程度でも問題ありません。あくまでも、相手に対する感謝の気持ちを伝えることが大切なので、金額にこだわり過ぎることなく、心のこもった品物をプレゼントするよう心掛けると良いでしょう。



プレゼントする品物を選ぶにあたっては



せっかく出産内祝いをするのであれば、相手に喜んでもらえる品物をプレゼントしたいものです。こちらの贈り物は、ネット通販で購入することも可能です。内祝いの贈り物としては、石鹸やタオルのセットを選ぶと、いくらあっても困らないので喜ばれます。また、食器などの日用品や、日持ちの良い焼き菓子、コーヒーなども定番の商品となっています。お祝いをいただいた方の趣味・趣向や家族構成などが分かっているのであれば、相手のライフスタイルをイメージしつつ、喜んでもらえそうな品物を選ぶと良いでしょう。近頃は通販カタログなどでたくさんの商品を扱っているところが増えています。

内祝いには、何をいただいても、感謝の気持ちを嬉しく感じることに変わりはありませんが、趣味・趣向に合った品物であれば、いただいた時の喜びもひとしおです。日常的なお付き合いのある人であれば、日ごろから相手の好みをリサーチしておくのも良い方法です。その一方で、普段はお付き合いをしていない遠方の親せき、会社関係者などからお祝いをいただいて、相手の好みが分からない場合には、定番の品物を贈るのが無難な方法と言えます。

また、最近では、個人の自由を重んじる風潮が高まり、内祝いでタブーとされる品物が少なくなってきていますが、相手の考え方を考慮に入れて贈り物を選ぶことも大切です。

▼よく読まれている記事
1位 内祝いの由来と出産内祝いの上手な選び方
2位 出産祝いにもお返しにも名入れギフトは大人気!
3位 真心のこもった出産内祝いを友人や知人に贈ろう
4位 出産内祝いを考える際に便利な通販を利用しよう
5位 出産内祝いにメッセージカードを添えよう

出産内祝い・出産祝いのお返しならubu