出産内祝いを考える際に便利な通販を利用しよう

出産内祝いならubu > コラム > 出産内祝いを考える際に便利な通販を利用しよう

出産内祝いを考える際に便利な通販を利用しよう


出産内祝いの概念と日本の文化



出産内祝いに見られるように、祝い事の行事が多い日本人社会ですが、いずれかのおめでたい事があった場合にお祝いを頂いた後、その返礼として行われるのがこの内祝いとされるものです。内祝いは基本的に貰った金額の、2分の1から3分の1とされており、最近ではお金などを返す事は無く品物で返すのが一般的です。祝い事の種類には、出産祝いと入学祝いや卒業祝い、成人式祝いや就職祝いに結婚祝い新築祝いなどのほか、快気祝いや還暦など節目節目で様々なお祝いがありますが、本人が直接返礼を返すのは社会人となってからになります。

学生時分は勿論返すだけの甲斐性も無い為に、親が変わって返礼する事になっており、相手のお子さんに対して、同じ様なお祝いをする事でお返しとしています。学生の間は本人が、電話や手紙などでお礼状を出すのは礼儀とされ、心を込めて感謝の言葉を伝えます。また就職祝いなどもお返しする必要はありませんが、一般的には電話かお礼状を差し上げた後日、就職後の初月給などで土産物などを購入し、お礼を述べるのも礼儀に適っているとされます。しかし一方で、こうしたお祝いの返礼や礼儀の感覚の違いなどからおこるトラブルを避けるために、お互いの家庭でのお祝いをしないといった取り決めをする場合もあり、次第にお祝いも風習も変化しつつあります。

また、現代の日本人社会において、核家族化が一般的になってきたせいで、年長者と暮らす事も少なくなり、次第に昔の風習自体が忘れ去られるという状況もあります。出産祝いなどは、基本的に内々で行われる事が多く、親しい間柄の友人間などでも行われます。



出産祝いのマナー



出産内祝いの場合は、出産祝いのお返しという側面がありますので、生まれた子供の名前を書いたのしを貼り、これを命名札として品物と一緒に贈るのがマナーです。生まれた子供のお披露目も兼ねて贈りますので、今後のお付き合いも兼ねる事になります。元々はこうした命名のお披露目でしたので、お祝いを頂く前に差し上げる事も多かったのですが、近頃では内祝いそのものの概念が贈り物を頂いた後に贈るものとして定義づけられたこともあり、後日贈るようになってきたわけです。

したがって、昔ながらの方法で送ってしまうと、相手を戸惑わせるばかりか、催促を行っているものと勘違いされかねませんので、気を付けなければならないでしょう。出産祝いを贈る場合には、生まれて1か月以内に贈る事が必要ですが、その際には出産後のお母さんや赤ちゃんの健康状態の良し悪しを、あらかじめ聞いておくと良いでしょう。極端なケースとして、死産の場合などもありますので、聞く時には慎重に聞くことが大切で、お祝いを渡す場面ごとのマナーも大事になります。

直接送り物を届ける場合には、まずは出向いても良い日にちを、旦那さんやご家族にあらかじめ聞いておきます。また配送する場合には、相手の負担にならないように、あまり高額の品物は贈らないようにし、メッセージカードなどを添えておくと、心が伝わりやすくなります。また贈り物に関しては、やはり赤ちゃんに対して実用的なものが喜ばれるようで、ちょうどいいサイズなどは自分達でも用意している場合が多いので、少し大きめのサイズの品物などを贈る方がいいようです。



通販で選んでもらうトラブルの回避の出産内祝い



一般的に、贈り物のお返しは半返しとされていますが、出産内祝いのトラブルで多いのは、目に見えて安いものを贈られた場合の他に、逆に贈られたものよりも高額なものを贈るというのも、トラブルの元となるものです。基本的に内祝いでのお返しは、感謝の気持ちを示すことが重要で、お返しをするタイミングも重要です。目安としては、贈り物やお金をいただいたら1カ月以内にお返しをお贈りするようにしましょう。

また、お祝いを頂いたのが親とのつながりが深い場合には、親に代行してもらうというのはありですが、その際にも、頂いたものを身につけたり、一緒に写した写真を添えるなどして、きちんと気持ちが伝わるように心がけましょう。結婚式の引き出物も、この内祝いの側面を持っているものですが、先に品物を決めておくというところは、昔の内祝いに似ている面もあります。

しかし、最近では引き出物代わりに通販カタログ本を送っておき、後日好きなものを選んでいただくという引き出物の形式を行う事も多くなってきました。確かに結婚式での引き出物で、新郎新婦の写真入りのカップや記念時計などを頂いても、処理に困る場合も多いのは事実なので、ニーズに合った方法です。

内祝いで困るのは、やはり貰ったものが品物だった場合、値段の見当があまりつかないという事があります。また、金額が判明してもどのような品物を贈るのかを、出産内祝いの場合には悩む場合も多いものです。こうした場合はやはり通販カタログを使用して、相手に選んでもらうと、相手側も好きなものを選ぶ事が出来ますし、赤ちゃんを抱えて大変な時期に買い物に行くという手間も省けますので、最近はこうした方法をとる事も多くなってきています。

▼よく読まれている記事
1位 内祝いの由来と出産内祝いの上手な選び方
2位 出産祝いにもお返しにも名入れギフトは大人気!
3位 真心のこもった出産内祝いを友人や知人に贈ろう
4位 出産内祝いを考える際に便利な通販を利用しよう
5位 出産内祝いにメッセージカードを添えよう

出産内祝い・出産祝いのお返しならubu