真心のこもった出産内祝いを友人や知人に贈ろう

出産内祝いならubu > コラム > 真心のこもった出産内祝いを友人や知人に贈ろう

真心のこもった出産内祝いを友人や知人に贈ろう


出産内祝いのタイミングについて



出産は、新しい生命の誕生という人生最大のイベントです。あなたの大切な友人や知人が出産を迎えようとしているとき、出産のお祝いを予定していると思います。贈る側の立場としてどんな商品が良いか、お祝いを贈るタイミングはいつか、お祝いのマナー等について頭を悩まされることも多いことでしょう。また、お祝いをもらった側も、お返しはどのようなものが良いのか、いろいろ不安な点もあると思います。特に今までこのような経験をしたことのない方はなおさらです。そこで、ここでは出産祝いについて贈り物のタイミングを説明します。

出産祝いを贈る側もお返しをする側も、お祝いのタイミングが非常に大切です。目安としては、出産3ヶ月ぐらい前に、出産内祝い向けの商品の目録やインターネットなどを見て、情報収集しておくと良いでしょう。そして、出産一か月前には、年賀状などをもとに住所の整理をしておくのもポイントです。個人差がありますが、産後は体調も不安定なうえ、慣れない赤ちゃんの世話で手一杯になるものです。そのため、出産後バタバタしないためにも早目の準備をすることが必要です。出産後、大抵一週間前後で出産祝いが届き始めますので、お祝いをいただいた方の名前と贈答品をリストアップしておきましょう。

出産一か月前後が、出産内祝いをするベストなタイミングでしょう。参考までに、お宮参りの時期もお返しをする一つのメドになります。出産祝いをもらった側の気をつけておきたい点として、里帰り出産の場合、新居に送られることがあるのできちんと確認しておく必要があります。また、友人や知人がお祝いのタイミングを逃して、出産から1ヶ月以上経ってから届くケースもありますから、この場合は随時お返しをしていきましょう。

これまで説明してきた情報を参考に、出産祝いをする側も出産内祝いをする側も、タイミングのいい時期を見計らって贈ることを心掛けてはいかがでしょうか。



出産内祝いのマナー



ここでは出産内祝いのマナーについて説明します。まずお祝いをいただいた方へお返しするときに、覚えておいてほしいいくつかのポイントを紹介します。

友人や知人から出産祝いをいただいたときは、できれば三日以内に電話やメールでお礼のお返事をしておきましょう。出産祝いをいただいた相手が目上の方の場合は、電話やメールではなく手紙でお礼状を書くのが一般的になります。そして、お返しをしようと考えた場合には、お祝いの品によっても若干の差はありますが、貰った金額の半分から三分の一程度にしておくのが妥当な範囲といえるでしょう。

次に出産内祝いを贈る際に気をつけておきたいことですが、地域や風習の違いがあるので一概に断定するのは難しい面がありますが、一般的な説としては、日本茶は葬儀を連想させ、刃物は縁を切ると言われているので、お返しの品としては避けたほうが無難です。そして、熨斗紙をつけてお祝いを贈るときは、熨斗の真ん中の上の部分に「内祝」下の部分には生まれてきた子どもの名前を書きます。大体は、内祝いを購入するお店でしてくれるところが多く、さらに、新しく誕生したお子さんの写真も入れてくれるところもありますので、事前に確認しておくといいでしょう。また、お店のスタッフの人に、お祝いを包む包装紙やメッセージカードなどをプロの視点でアドバイスをしてもらう方法もあります。



出産内祝いの品を上手に選ぶコツ



次に覚えてほしいポイントとして、具体的にどのような出産内祝いを選べばよいかということです。出産内祝いを贈る前に大切なことは、相手の好みを把握しておくことです。参考までに、一般的な出産内祝いとしては、石鹸やタオル・食器・お菓子などがあります。一般的なものを贈るのもいいけれど、せっかくの出産内祝いなので一工夫したものを選んでみてはどうでしょうか。例えば、お菓子だとバームクーヘンやカステラに名前や誕生日を入れるサービスをおこなっているところがあるので、インパクトのある贈呈品を考えている方は試してみるのもいいかもしれません。ただし、付き合いの深い友人や知人ならある程度好みが分かりますが、普段付き合いのない方は好みを把握するのが難しい場合があります。そのようなとき、カタログギフトを贈るのも無難な選択のひとつです。今では、出産内祝いの商品が多種多様に取り揃えられています。インターネットのホームページで検索したり、直接お店に行ったりして、これはという出産内祝いの商品を探してみるものいいかもしれません。

贈り物をするのに最も大切なことは、自分の好みのものを贈ることより相手の立場になって、どのような贈呈品が喜ばれるのかという視点で考え選ぶことです。そうすることで、真心のこもった出産内祝いは、産まれてきた子どもの成長とともにいつまでも贈る側、贈られる側、お互いの心に残るのではないでしょうか。要は、記念に残る贈り物をすることが大切です。

▼よく読まれている記事
1位 内祝いの由来と出産内祝いの上手な選び方
2位 出産祝いにもお返しにも名入れギフトは大人気!
3位 真心のこもった出産内祝いを友人や知人に贈ろう
4位 出産内祝いを考える際に便利な通販を利用しよう
5位 出産内祝いにメッセージカードを添えよう

出産内祝い・出産祝いのお返しならubu